HP http://akiba.geocities.jp/dragon_cinema/film/TOP.html


by meme2006

多摩美へ

高校生のときに沢木耕太郎の本を読んで以来、
死生観を持つようになったのですが、
ここのところ意識してしまうことが多いんです。

卒業が近づいているからか。
はたまた、天龍村にいってきたからか
わからないですが、

今がとても大事な気がしてしょうがないのです。

b0089434_0521737.jpg


友人のケイスケと多摩美にいってきました。

天龍の坂部であった三上さんの授業を
受けに行ったのですが、楽しかった。

三上さんは「神楽ビデオジョッキー」ということや
「モダンルーツ」というタイプの音楽をやっている方で、
色んな景色をみせてくれました。

神楽をデザイン的に、または音楽的に、舞的に。
丁寧に説明してくれて、どれも納得感はあった。
でも、どこか神楽の不可思議性みたいな、なんか結局よくわからないみたいな
余白を感じさせてくれて、それが、更に神楽を美しくするという
不思議な感覚を味わいました。

授業後には、中沢新一さんにあわせてくれようとして、
研究室にまで連れて行ってくれた。

結局、中沢新一さんは留守で会うことが出来なかったけど、
同じく坂部に行ったことのある、神話を研究なさっている助手さんに会うことが
出来た。三上さんにはホント感謝。感謝。

今後、この縁がどう広があるかは
きっと自分次第なのだと思うけど、
大切にしたいなと思っています。

因みに、これが三上さんの演奏です。ちぇけら!

http://www.youtube.com/watch?v=E-uFWxXPoU4

これは、遠山郷の霜月祭りを題材にしたもの。

そして、もう一つ。ちぇけら!

http://www.youtube.com/watch?v=tCqMge91sKA

たぶんアコーディオンからなのか、太鼓と混ざって聞こえてくるのか、
俺が勝手につくりあげた倍音なのかわからないけど、
昔の人が未来の人に残してくれた神楽の余韻を感じさせてくれて、
心地良いし、懐かしい。

川津
[PR]
by meme2006 | 2010-01-16 01:04