HP http://akiba.geocities.jp/dragon_cinema/film/TOP.html


by meme2006

<   2009年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧

最終日まで、mixi日記とこのブログを連動させるようにしました。
少しでも村やプロジェクトに興味を持ってもらえたら嬉しく思います。

~2日目~

11時起床。

ぼーっとした頭の中
初日の夜中に兼宗さんと話したことの反芻をする。
バッハのこと
小学校の音楽のこと
天龍メンバーのこと
mixiアプリのこと
などなど
いっぱい話したことの一つ一つが大切なことのように思え、
取りこぼさないように丁寧に行った。

そのお陰か、しばらくすると頭がさえ、周囲の掃除を行うこととした。

その後、伊藤さんのお隣のおばさんの家に線香をあげに行く。
おじさんが亡くなったことを知ったのは、初日の夜だった。
2週間ほど前のことらしい。そう伊藤さんが教えてくれた。
俺自身、あまり面識がないのに、線香をあげに行っていいのかなと思ったが
おばさんが喜んでくれるからと伊藤さんが行ってくれたので、
行くことにした。

行って見ると予想に反しておばさんは元気そうな表情だった。
俺が来たことに対しても喜んでくれ、お茶やお菓子まで出してくれ、
もてなしてくれた。

おばさんは芯の強い人だなと思った。
俺は、生涯を共にした相手がなくなったときこう周りの人に
気遣うことができるのだろうか。
きっと、自暴自棄になって色んな人に迷惑をかけるのではないだろうか。

夕方になって、
ネットしたり、村をぶらぶらしたりしながら、
家族のことや、今後のプロジェクトのことを考えた。
昼間のことがあってか、
いつも以上に考えがまとまっていく気がした。

夕食は、伊藤さんお手製のお正月料理をつまみ食いさせてもらいながら、
すませた。

b0089434_17172826.jpg

↑正月の準備をする伊藤のおかあさん

そんな感じの2日目でした。はい。


~3日目~

11時に兼宗さんの声で目が覚める。

いまから10km走るぞ!
っというので、何故今?と思った。
が、窓を開けてみると
その意味がわかった。

どうやら、外の様子を見させようとしての
言葉だったのだ。

窓の外では、
真っ青な空の中で、粉雪がまっていた。

b0089434_17193782.jpg

↑わかりずらいが、真っ青なそらと粉雪

湿った東京の雪とは違い、
鳥の羽のように、ふわふわとした雪だ。

俺は、思わず子供のように歓声をあげてしまった。

その後、昼食をすませ、
松成堂の大掃除を行った。
たまりにたまった埃を取り除くべく、
徹底的に行った。

途中、奇怪な生物の繁殖を見つけた時には、
卒倒しそうになったが、2時間ほどで終了した。

b0089434_1723247.jpg

↑掃除後の松成堂のキッチン。ピッカピッカにしました。

b0089434_1721213.jpg

↑掃除後の松成堂メインルーム

で、今に至る。

この後は、伊藤さんの家で年こしの儀式にお邪魔させてもらう予定。

楽しみだ。

川津
[PR]
by meme2006 | 2009-12-31 17:24
29日、午後3時頃天龍村に到着しました。

到着してまずいつものように伊藤さんの家に行って、挨拶をした後に、
駅から約10分程歩いて満島神社にお参りに行く。
神社にお参りに行こうだなんて、こんな衝動にかられたのは初めて。
この村にくるようになって信心深くなったのか、
只、不安感を襲われてきたのかわからないけれど、
そんなに悪い感じがしない。

b0089434_1913790.jpg

↑お参りに行った満島神社の鳥居

雀の涙ほどのお賽銭をほおり
これから約一週間の滞在の無事を祈りました。

b0089434_19133987.jpg

↑神社の近くの民家にあった置物。つられて笑顔になりました(笑)

その後、兼宗さんのお宅にお呼ばれして、お餅やスープを頂く。
食事はもちろん美味しかったが、兼宗さんの奥さんや娘さんの
はるかちゃんやのぞみちゃんも一緒に食卓を囲んでいたためか、
只料理の美味しさだけでは無いような気がした。
やはり、家族の温かさには不思議な力があるのだろう。

b0089434_1914213.jpg

↑はるかちゃん。

b0089434_19142164.jpg

↑川津

そして、場所を伊藤さんの家に移し、焼酎のお茶割りを飲みながら、
今後の天龍村プロジェクトの方向性について色々と話す。

その中で、天龍村の資源についての話では盛り上がった。
驚いたことは、俺が思うこの村の資源と伊藤さんが思うこの村の資源に
それほどのズレがなかったこと。
伊藤さんと出会って4年目だが、この話は一度も出てこなかったので、
まさか伊藤さんがこの資源に強い関心を抱いているとは思わなかった。
偶然なのだろうが、明日からの滞在がさらに楽しいものになりそうな
予感を抱かせてくれる出来事だった。

この後は、兼宗さんと車の中でシャウトしながら、真夜中の
道路をつっぱしったり、バッハの名曲に酔いしれたりなどした。

そんな感じで初日は終わりました。はい。

川津

b0089434_1914549.jpg

↑満月でした。
[PR]
by meme2006 | 2009-12-30 19:20